鷲家地区



史跡東吉野村指定文化財「伊勢街道道
標」
近鉄大阪線「榛原」から「東吉野村」へ行くには国道370号で
「大宇陀町」に入り、国道166号で「菟田野町」を通って東吉
野村のバス停「鷲家」に至ると、三叉路に「伊勢街道道標」が
建っています。文政十一年(1828年)の銘があり、上部が常
夜燈で、高見越え伊勢街道と、東熊野街道に通じる要衝に建
ち伊勢街道の中で遠く江戸を示す道標として最西端に位置し
ていますまた、当時の鷲家は、紀州藩領で、本陣、伝場所、
旅籠があって宇陀と熊野を結ぶ交易の中継地でもありまし
た。なお、昔は、今よりも約4m前、道路の中央に建っていた
けど、昭和17年頃軍用材運搬の障害になり、少し後退してい
ます。



旧村社「鷲家(わしか)八幡神社」




三叉路の所は、「鷲家川」へ北から又別の川が流れ込む合流点の所で、「八幡神社」が鎮座しています。祭神は天照皇大神、八幡大神(誉田別命)、春日大神(天児屋根命)ですが昔は、東吉野村大字大豆生(まめお)と伊豆尾(いずお)の氏神も合祀していたけど、500年前に分祀しました。また、八幡大神は山城石清水(いわしみず)八幡から勧請されて、元は上鷲家の大岩に鎮座していましたけど、1600年頃(慶長年間現在地に遷座しています。なお、社殿は流造、檜皮葺で、境内摂社が五社もあり、稲荷大神、大国主神、猿田彦神ら、街道の通行量の増大に伴い合祀したので、「二十二社さん」とも呼ばれています。